お前ら!波って奴を知ってるか??

 11, 2018 19:01
  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

wolf-142173_1920.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

今日は波について書きます。最後までちゃんと読んでね♡

まずチャートからどうぞ。
お前ら!波って奴を知ってるか??-1

これは1分足のチャートです。
A-B波があります。


次。。
お前ら!波って奴を知ってるか??-2

15分足のチャートです。

黄色〇を見てください。

Y-Z波に対して、ゾーンで売りのアクションが出ました。

先ほどの1分足のA-B波が黄色〇売りアクションです。
お前ら!波って奴を知ってるか??-3

15分の売りゾーンで売りアクションが出た事で、1分足では、A-B波になっています。

A-B波で戻り売りが入ってBを抜ける確率がAを抜ける確率よりも高い。
A-B波には優位性がある。
なぜなら、長期足が売りの背景だからです。

という理由を付ける事もできるでしょう。。

むしろ、ほとんどのトレーダーはそう思うのでは無いでしょうか?

世間一般的に「正しい」として認識されている考えです。


このブログでは耳にタコ(マーシーはミニにタコ)ができるくらい「長期足や中期足を見る必要はないですよ」、「単一時間足でも十分ですよ」と言ってきました。

その理由が上のチャートに現れています。

A-B波に対して、pのゾーンで戻り売りが入りました。
緑のライン(B付近)まで下降した後、利食いなどでD-E波の戻り売り候補ゾーンmまで上昇。

今度はD-E波のmゾーンで戻り売りが入りました。

チャートがごちゃごちゃになるので、あえてゾーンや波を引いていないのですが、mで売られた後、もっと小さい波で押し目買いが入っています。

最終的に、Bを抜けていきましたが、売りと買いの繰り返しが起きてBを抜けていきました。

何を伝えたいか分かります??

長期足を見ても見なくてもいいんです。

ブログを始めた頃から書いている事ですが、どの時間足でも同じ事が起きるんです!
(これも昔から色んな所で言われてる単語ですが、それで終わらないのがDFX)

相場を動かすのは需要と供給のバランスで、それを表すのが出来高です。
出来高は「波」という形でチャートに現れる。
(わけわかんねーインジ使って出来高を表示させる物があるけど、チャートに棒グラフみたいな邪魔くせえやつ。昔から言ってますが出来高を完全に分かることはありえないからね!お忘れなく。お前そのインジ、全世界の売買の出来高かよ?)って考えればイイんです(笑)

波が出来れば、背景なんてどうだっていいんです。

波の中で勝負するんですから!!
いくら優位性のある波があったとしても結果が出るまでには、色んな値動きが起きます。
その値動きを取ればいいじゃん。。。って事です。

そうなると、別に優位性のある波を取り行く必要なくね?ってなりますよね??

だって優位性あろうがなかろうが、どうでもよく、波の中で勝負すれば短時間でもガッポリ稼げる訳ですから。。


あまりにも、長期足の方向にとか、大口が相場を動かすとか 余計な情報が「正しい」とされてきたせいで思考が停止してしまったトレーダーさんが多いです。


自分より上位(言い方が見つからんw)の誰がいつどこで何をしたかという情報は気にせず目の前に見える場面場面の真実を見るか。(DFX理論)

自分より上位(言い方が見つからんw)の誰がいつどこで何をしたかという情報を一々知りたいか。(日本人らしいと言うか人の噂や束縛したりやそういうのを気にする派。日足がとか、大きいサポでとかそういうのを一々知ることで勝手に安心感を得た気になりたい)

脱線しかけたけどだいぶブレーキ踏みますた(´・ω・`)

もう一度、ゼロから相場の仕組みを考えてみてください。

以上。

それではHAPPYな週末を~~


スポンサーサイト

WHAT'S NEW?