短期、中期、長期の目線について

 29, 2018 20:07
  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

chess-3169976_1920.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

バタバタしているので、手短に行きます。

目線の固定はとても大事ですが、目線を切り替える事はもっと大事です。
特にスキャルピングトレーダーなんかは、数分で目線が変わる事なんてざらです。。

下のチャートを見てください。
短期、中期、長期の目線について

ピンクの〇の位置にいるとします。

この時目線はどれでしょう?

X-B波をブレイクした事で、次に目指すとされる値はA-B波の戻り売りゾーンです。(赤いライン2つの間)

そうなると、C-D波の押し目買いを狙うべきか、B-D波の押し目買いを狙うべきかになります。

C-D波を狙う場合、青いゾーン到着で買いのアクションがでれば、エントリーできます。

しかし、D-E波がいるため、D-E波の戻り売りが失敗すれば、(緑の水平線ブレイクすれば)本格的に赤いラインまで取りに行けます。

Xをブレイクした事で、赤いラインを目指すシナリオですが、その前に売りが負けてから赤いラインを目指す事になります。

Xをブレイクした事で、B値をブレイクするよりも赤いラインに到着する事の方が確率は高いが、100%ではないため、(出来高分析ができないため)D-E波の売りを負かす必要があります。

だから何だ??と思いますよね?w

結果的に赤いラインに到着するといっても、B-D波かC-D波のどれかで赤いラインを目指すかはわからないのです。
もしかしたら、黄色波のような形になるかもしれません。

或いはBをブレイクするかもしれません。

何を言いたいかと言いますと、目線の固定をではなく、目線を変える柔軟性が必要なのです。

上のチャートであれば、Xをブレイクした時点で、長期的に赤いラインを目指すが、B-D波(中期)で行くのか、C-D波(短期)で行くのか。。。。

C-D波で行くのであれば、C-D波の押し目買い候補到着で売りの波が出来ているので、その売りまではひとまず買って、結果が出たら、(緑のラインをブレイクしたら)赤いラインまでポジションを持つ。。。

CーD波が失敗すれば、B-D波の押し目買いを狙えるが、C-D波が失敗した事で波が出来ているので、その波まで一先ず買って、結果が出たら、赤いラインまで目指す。


なので、ピンクの〇の位置ではこのシナリオ全て頭に入っていないといけないのです。

別に難しい事ではないです。
もちろん、検証、練習は必要ですが、全ての可能性をシナリオで描いて、目線を固定させて、その時その時に目線を変える柔軟性を身に着ける事です。


そんな手助けをしてくれるのがこのレポートです。

興味がある方はどうぞ^^

以上。

それでは、HAPPYな週末を~~

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?