大事なのは、どこで利食うかです

 14, 2018 09:24
  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

jump-1822412_1920.jpg

DFX ポパイ&スピナッチです。

今日は利食いについて書きます。

よく、質問メールで、「ゾーンの引き方あってますか?」的なメールをいただくのですが、ブログ記事でも何回か書いていますが、大事なのはどこで利食うかです。

ゾーンの位置はそこまで重要では無いです。

誤解が無いように書きますが、ゾーンの位置がぴったり合っている必要が無いという意味です。(100点満点は相場に必要ないし完璧主義じゃなくていい)

適当な値にゾーンを引けばいいという事では無く、意味のある値に引いていれば、OKという事です。

ゾーンの下限や上限を凄く気にする読者さんが多いです。

大事なのはゾーン到着後、売りや買いのアクションが出た後、どこを目指すかです。

これだけなんです。。

下の図を見てください。
大事なのは、どこで利食うかです



「ア」のゾーンは簡単に引けたが、「イ」のゾーンが分からない。。。
どっちだろう?

こんな時は、どっちも引けばいいのです。

反応(アクション)が起きたゾーンでエントリーし、次の目標値まで目指せばいいだけです。

上の図であれば、C-D波の戻り売り候補ゾーンまでになります。

図だとパリッとしまらないので、実際のチャートで見てみましょうか。
大事なのは、どこで利食うかです-1

A-B波に対してゾ―ンを引くと(ア)と(イ)になります。(基準通り)

しかし、(ア)のゾーンも幅が大きいですし、(イ)のゾーンが上すぎるので(イ)到着前に戻り売りが入る可能性があります。

気になる値にゾーンを引いてみましょう。
大事なのは、どこで利食うかです-2

(ア)~(エ)までがA-B波に対しての戻り売り候補です。

多すぎる~wと思いますよね?

この記事では、どこで利食うかが一番大事である事を説明しているので、ゾーンの数は気にしないでください。

注目してほしいのは、各ゾーンでプライスアクションが出た時、次の目標値まで行っている事です。

(エ)ゾーン到着後、売りのアクションが出ました。(黄色↓)
次の目標値は、a-b波の押し目買い候補ゾーンです。(青いゾーン)

(ウ)のゾーンでも売りが入り、c-d波の押し目買いまで行っています。
ただ、(ウ)ではアクションが出ていないためスルー。

続いて、(イ)では反応すら無いです。

(ア)では、売りのアクションが出て(黄色↓)、e-f波の押し目買いまで行きました。(青いゾーン)


最初のチャートではゾーンは2つで基準通りです。
基準通りでも全然OKなのですが、基準=正解という事ではありません。

裁量を入れて、他にもゾーンを引いて反応したのであれば、次の波のゾーンまで。

これが、マグロ手法です!!!!


もちろん、毎回こんなきれいな値動きではないが、波を見る事で、利食いポイントが分かり、エントリーも増える。

マグロ最高ですなw

波については、レポートに書いています。

購入した読者さんはもう一度読んでみてください。
まだ購入していない方はこちらです。


以上。

それではHAPPYな週末を~(今日のトップ画像で想像力の体操だよ~♪まあだいたいいつも意味があるんですけどね~w)

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?