親友Kと1月9日ポンドルのチャート解説

 10, 2018 22:32
  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

people-2326123_1920.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

誕生日になると親友Kからメールが届くんですw

彼との出会いは伝説の高校です。

高校1年生の時、同じクラスだったんですが、髪の毛はモヒカンのオールバックで金髪(笑)
体も高校1年生とは思えない、ボディービルダーのようにムキムキ。

私の地元より少し離れた中学で、そこを仕切っていたカリスマ番長でしたw
そんなKと私もバトルがきっかけで仲良くなり、この年になっても一緒にお酒を飲みあの頃のようにはしゃぐんですw

Kは仕事がしたいという理由から高校を中退してから、職人をしながら暴走族の総長を経て、男組(ヤ〇ザ)に入りそうになり(笑)、結婚を機に真面目になって今では暇な時が無いほど仕事が舞い込んできて、自社ビルも建てて従業員を大切にする建設会社の社長ですww

彼もまた仕事にはすっげー真面目で、以前記事で書いたように、現状維持という事が嫌いで常に上を目指して、常に成長して、これで良いやという性格ではないですね。


Kの奥さんはと言うと、私と幼稚園の時から同じ地元の友達なんですw
Kに紹介したのも私。。。w

奥さんの親に結婚の挨拶に行く事が決まったんですが、Kの指には10代の頃に入れた指墨(年少リング)があったんです。
「親さんにご挨拶行くのに、この指では男としてあかん!」との理由で、まさかのガスコンロでスプーンを熱し、スプーンが赤くなるまで温めたなら、それを指墨に何度も何度もあてて自家製の入れ墨除去をしたんですwwww(クッソワロタww)

まあ、変な所で真面目と言うかアフォと言うか、それを聞いたときは爆笑でしたけどねw

Kの話をするとキリが無いのでまた今度にしますが、近々飲みに行くので楽しんで来ようと思いますw


では、チャート解説です。
1月9日ポンドルのチャート解説


トレードする時間が過ぎていましたが、おいしい場面がありましたw

青い波に対して、一番下のゾーンでプライスアクションを見てエントリーできます。
利食いは、黄色ラインあたりです。

波を基準にトレードする最大のメリットは通貨、相場など関係ない事です。
全部同じ分析ができる事です。

波サイコーですねw

以上。

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?