Photo Gallery

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

map-of-the-world-429784_1280.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

今回でダウ理論のいいとこ取りシリーズ、最後になると思います!多分(笑)

三種の神器の一つを装備完了ですねw

※このシリーズでは「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」を単独で考えた場合の思考です。

例えばですが、トレンドが存在するという考え方は、相場はランダムであるランダムウォーク理論と異なりますが、ダウ理論のみで相場を分析した場合の話です。


しかし、ランダムであっても他の理論が使えないという事ではありません。

うまく3つの理論を総合的に捉えたのがマグロ理論です。

マグロ理論を理解するためには、まず一つ一つの理論を単独で理解する事がとても大事です。

この思考の切り替えがとても大事です。

早速、本題に行きましょう。

と、その前にこれまでの事を振りかえてみましょうw

勝負ラインの定義は、大口が身を引くラインですね。

なぜ、大口が資金を引き上げるのか?

それは、反対側の力が増したからですね。

相場を動かす力があったとしても動かすだけでは意味がなくて、相場に対して方向性を付けさせて、初めて利益となります。

ですので、勝負ラインを割られた、反対側の力が増したという事は相場に方向性(自分のポジションの方向)を付けさせる事はもちろんの事、相場を動かす事も難しくなります。

そうすると、ポジションを持っている意味ないですよね?w

それで一旦資金を引き上げてまた自分が持ちたいポジションの方向に傾いたらまたポジションを持てばいいだけです。

勝負ラインというのは、目線の切り替えではなく、

大口が資金を引き揚げる=レンジ或いは方向性のない相場となる可能性大です。

本来ならば勝負ラインは出来高から分析するのですが、出来高分析ができないFXでは値幅で判断します。

ここから本題です。

前回の記事に載せたチャートです。

まず、1番を見てみましょう。
ダウ理論のいいとこ取り PART 9-1

A-B波の勝負ラインはAの安値からアの水平線を抜けた値幅と同じ箇所です。

Aの安値から①と同じ値幅という事です。

①と②が同じ値幅ですね。

本来ならば、よく図で見るきれいなN字(逆N字)に対して押し目(戻り)をしたいですよねw

でも相場はそんなに単純ではありません(笑)

形としてはN字ですが、N字一族にはチョイN字、深N字、妥当N字があります。

大口は基本的にギリギリの所でエントリーします。

上の図ですと、青い矢印ですね。

アの水平線を抜けて、いきなりアの水平線で押し目が入ると思います?
(あくまでもA-Bの波の話です)

溜めて、溜めて、溜めてもう負けちゃうよーという個所で一斉に買いポジションを持てば方向性が出やすいだけでなく大きな利益が見込めるのです。

いろんなブログや本で下の図のような事見ますよね?
ダウ理論のいいとこ取り PART 9-2

毎回こんなきれいなN字なら苦労しないですよねww

本当にこういう図とか載せているブログを見ると「無責任だなぁ~」と思いますw

だってこういうきれいなN字の方が全然少ないでしょうw

どの波にもドラマがあります。

そしてその波に対して、買いたい側、売りたい側両方います。

その境目が勝負ラインであってその判断基準が自由になった資金(N字の外)の値幅と同じ値幅を安値から引いた箇所が勝負ラインとなります。

注意点ですが、勝負ラインというのは大口思考を見るためのものであって波に対して押し目(戻り)となる訳ではありません。

なる時もありますが、考え方としては勝負ラインを割る前に押し目(戻り)が入るという事です。

もし勝負ラインを割った後に押し目が入った場合、騙しである可能性が高いという事です。

他のチャートも見てください。
ダウ理論のいいとこ取り PART 9-3

ダウ理論のいいとこ取り PART 9-4

勝負ラインを割る前に押し目が入っています。

上のチャートでは勝負ラインが押し目候補となっています。

買い側が必至で買いを守ろうとしているのが見えますねw

上のチャートのようにチョイ抜けのようなN字もたくさんありますし、下のチャートのようにきれいなN字もあります。
ダウ理論のいいとこ取り PART 9-5

勝負ラインが割れる前に強い戻りが入りました。(青い矢印)

戻りが失敗した後に勝負ラインが割られました。

勝負ラインが割られた後レンジ相場となりました。

大口が資金を引き上げている可能性があるので、小口同士の喧嘩ですねw

このように勝負ラインが見えると、相場での分析ができます。(ダウ理論として)


ダウ理論のいいとこ取りシリーズは書き切ったと思いますが、どうでしょう?

今回を最後の記事にしますが、またわからない事があれば、メールとかで質問してください^^


それでは一旦ダウ理論のいいとこ取りシリーズを終了しますw


それでは楽しい週末を~w


スポンサーサイト


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

glamour-678834_1280.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

このシリーズではダウ理論の考え方について理論的に説明してきました。

相場を動かすのは大口の資金であり、彼らの機嫌を伺いながらトレードをするのが、小口である個人投資家。
(あくまでダウ理論だけで考察した場合)

今日と来週でダウ理論のいいとこ取りシリーズが終わります^^(多分w)

前回の記事の続きで勝負ラインについてです。

いきなりですが、今日はチャートだけ載せますw

じっくり、脳に汗かいて考えてください!!

来週具体的に説明しますw

早速チャートを見てみましょう!


ダウ理論のいいとこ取り PART 8ー1


ダウ理論のいいとこ取り PART 8-2


ダウ理論のいいとこ取り PART 8-3


ダウ理論のいいとこ取り PART 8-4

ヒント

・N字(逆N字)の外と、N字(逆N字)の中(ダウ理論のいいとこ取り Part4~7)を読んでね。

・常に大口目線で。

・青い矢印は押し目、戻り目が入った箇所です。

・❹のチャートが大ヒントです。

以上ww

楽しい週末を~~


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

10976945015_06d9affacd_b.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。


前回の記事の続きです。

妥当ポイント(勝負ライン)というのは多くの買い目線(売りの場合は逆)の資金が一斉に入るポイントです。

前回の記事で書いたように、大口というのは臆病な連中です。


相場を動かすだけの資金量を持っているにも関わらず、自分達が勝てる時だけしかポジションを持ちません。(当たり前ちゃ当たり前ですけどねww)

そこで出来高が自分達がポジションを持ちたい方向に偏った時に資金を投下してきます。

下の図を見てください。
ダウ理論のいいとこ取り PART 7

A-Bの波に対して買い組が勝つためには、買い目線の資金が同じポイントで入る必要があります。(黄色の○)

もちろん買い目線の資金量100%全て同じポイントで入る事は不可能ですが、
AーBに対して全ての買いポジションの高い割合(売り組を諦めさせるだけの買いポジション)で同じポイントで入る事です。

おや(・・? ですよね?w

Bの高値を超えるまでの水色の波ありますよね?

この水色の波は売りを受けながらもいろんな箇所で買いポジションが溜まっています。

ただし、黄色○のポイントが一番買いポジションが溜まっています。

買いが勝つには皆、一緒の箇所で入る事が条件となるのです。

もしバラバラで買いが入ってしまうと、買い量が売り量よりも多くても負けてしまう可能性があるのです。

そんな事が可能なのかと思ってしまいますよね?w

可能なのです!!

大口というのは例えるならば、暴走族みたいなモンですw

大勢で居ないと何もできない連中なのですw(元暴走族の読者さん、居たらすいません><)

Bからの売りが1000億あるとします。

A-Bの波に対して2000億の買い目線があるとします。

2000億分のかなりの高い割合の資金量が同じポイントで入らないと売りが勝つ事もあるのです。

理由としては、とても簡単で大口でも小口でも出来高分析ができない(正確な数字がわからない)からです。
暴走族の例えを思い出してくださいw

200人対100人の対決では200人のチームが勝ちます(よっぽど雑魚でなければw)

でもこれは200という数字が分かるから言えますよね?

200人のチームの暴走族は自分達が勝つと分かるのは目で見て(或いは相手チームの人数の情報が事前にわかる)から判断できます。

しかし、もし相手のチームの情報(100人である事)が分からなかったらどうでしょう?

チームとしては勝てる人数はありますが、相手チームの人数が分からなければ躊躇しますよね?(ポパイとスピナッチはしないけど・・・w)

喧嘩に集まる時にもしかしたら、200人いるチームは100人いるチームよりも臆病の数が3倍、4倍もいたら100人切るかもしれませんw

断わって置きますが別に暴走族に偏見を持っていませんよwwww(少しだけw)
(ポパイさんは10代の頃、純粋な少年で、ただひたすら真面目に暴走族狩りというのをしてただけですww)

相場の大口は暴走族に比べたら話にならないくらい臆病の集まりですw

いや臆病しかいないでしょうw(当たり前ですけどね、金儲けが目的ですからww)

出来高分析ができないFXでは買い目線の資金量は同じポイントで入らないと負けが確定してしまうのです。

負けと言っても損失を被るという訳ではなく、売りの勢いが弱まるのを待つのです。


別名・次のチャンスを待つ(笑)

よく海外などでは、ベアーが相場を支配しているとかブルが様子見しているとか聞きますよね?

そういう事なのです。

損を被るのは個人投資家みたいな小口で大口は勝てる時にしかポジションを持たない。
負ける可能性があればすぐに資金を引き揚げて相手が弱まったらまた入る。


これの繰り返しです。

よくレンジでは買いと売りが戦っていると表現されますが、間違いではないですが(ダウ理論の観点から見て)

大口がレンジで戦う事なんて100%ないですw

レンジというのは小口同士の小競り合いであって大口はレンジに入る前に資金を引き揚げていますw

自分が大金を持ってる側の人間でしたら同じ事しますw


あ~~疲れた!!

また全部書けなかったw

焦らしているつもりはありませんよw

でもこの続きは次回にします!


たのしい週末をw




このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

8177749311_a66541ab75_b.jpg

こんばんは、 DFX ポパイ&スピナッチです。

前回の記事の続きです。

前回の図引用します。
ダウ理論のいいとこ取り PART 6-1

N字の外とN字の中の違い分かります?

DFXはダウ理論を単独で考えた場合、このように解釈しています。


N字の中=売り圧力を受けたが買いが勝った。

N字の外=売り圧力を受けていない。

※逆N字の場合は逆となる

N字の中と外ではドラマが違いますw

下の図を見てください。
ダウ理論のいいとこ取り PART 6-2

N字の最後の波(水色の波)中身を細かく見ていきますとNの中で新規の売りと戦って勝利した部分とN字の外で利食いによる売りを受けた部分とで分かれます。

黄色○の部分では売りが勝ちました。

ですので売り目線の資金があります。

売り目線の人達(大口)は自分達の売りポジションを守りたいですよね❔

そうなると、新たに売りを仕掛けてきます。

その新しい売りと戦って勝ったのがN字の中の部分です。

青い水平線を上に抜けたことによって新規で売る人は少ないですよね❔

唯一の売りは利食いによる売りです。

つまり売り目線としての売りではなくて目標達成による売りです。

力関係でいえば、

利食い売り<新規の売りとなります。

「ダウ理論」というのは大口が相場を動かしている、そして大口は自分達のポジションを守る。
という考え方が成り立ちますので、大口が売り目線であればすでにあるポジションを守る=新規売りを仕掛けて来るとなります。


目標達成の売りではその売りを守る大口がいないので新規売りに比べて弱いのです。

しかし相場というのは永遠には上昇しません。

利食い売りは新規売りに比べ、弱いですが、いつか利食い売りが新規買いを上回る時が必ず来ます。

下の図を見てください。
ダウ理論のいいとこ取り PART 6-3


③の利食い売りの出来高が②の新規買いの出来高を上回れば、押し目探しとなります。

押し目探しという事は新しく新規の売りも加わってきたと考えられます。

大口はこう考えます・・・

利食いによる売りが新規買いを上回ったという事は買い目線の奴らは少なくともしばらくの間資金を入れてこないだろう!!

よし! 資金を入れてくるであろうポイントまで売りだ!!!!!!!!!!!!!

ですw

そのポイントが勝負ラインなのです。

ハァ~ 疲れたww(2時間くらいかけて書きましたw)

勝負ラインまで書きたかったですが、一生懸命書いて疲れたので(メンドクサイw)
この続きは次回書きますねw

こんなためになる素敵なブログ中々ないっしょ?w
そもそもここまで語れませんからw
ピシっとポチっとシャキッと応援してねw

出会ったあなたはその時点で運を持ってますよ^^

こういう思考になるには、DFX自体も凄いですが(笑)、周りの人脈も表には絶対出てきませんが、大口と言いますか、ちょっと次元が違いすぎるのがいるからなんですね。


モジモジ君達のために宿題です。

大口は臆病な連中です。

自分達が勝てない土俵では戦わないです。

出来高が自分達の側に回った時しか行動を起こしませんw


この事をよーく考えてくださいねw

それでは楽しい週末を~


多分来週あたりダウ理論の記事最後かもw


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

department-store-1192184_1280.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

前回の記事の続きです。

前回のチャートです。
ダウ理論いいとこ取り PART 5-1

なぜ勝負ラインがあそこなのか(・・?という事でしたねw

赤いゾーンが下に抜かれたら売りが強くなる。

ダウ理論であればAを下抜いたら転換ですが、赤いゾーンを下抜いたら、転換したと捉えてもOKです。

なぜなら、転換というのは力関係が逆転したという事です。
Aが抜かれたら転換!というのは全ての波を同じとしか分析していないという事になります。

同じ波は存在しません。(各波それぞれ違う出来高を持っているため)

しかし赤いゾーンを下抜けたら転換!は、「ある程度」出来高分析を用いて分析したとなります。

理由を説明しますね^^

あなたが今10億ドル(約1150億円)持っているとします。

ある大手銀行と直で為替売買できる契約があるとします。
その銀行はあなたの資金に対してレバレッジ4までなら提供できるとします。

という事は、あなたの資金に対してレバレッジ効果を含めると最大40億ドル(4600億円)もの資金を運営できるという事になります。

大手銀行ならこれくらいの資金であれば通常時間であれば数回に分けてポジションを約定できます。

さて、ここからが大事ですよ!

40億ドルもの資金であれば、ある程度(時間帯にもよりますが)ピップスを動かせます。
本当かどうか定かではないですが、知り合いの超スゴ腕トレーダー(億単位売買する人)が銀行でマネージャーやってる人に聞いた話ですが、オジドルで時間帯によりますが、1ピップス動かすためには、1億ドルから2億ドル(115億~230億円)必要って言ってました。(改めてFX市場の大きさを実感しますw)

もしこの計算が本当なら、40億ドルあれば、40ピップス動かせる計算になります。
そこでこれだけの資金を持っている人の考える事を考えてみてください!!
(それだけの資金があればもう仕事しねーよ!は無しでww)

先ほどのチャートを見てください。
AからBの波が100ピップスあるとします。

AからBの波に対して買いポジションを持っているとします。

下の図です。
ダウ理論いいとこ取り PART 5-2

水色の○の箇所であなたが動かせる資金半分20億ドルのポジションがあるとします。

A-Bの100ピップスの波に対してあなたは20ピップス分貢献した事になります。

ここでまだ20ピップス動かせる20億ドル分の資金があります。

さて、どこで買いポジションを持ちますか?

考えるべきポイントは、
1.20ピップス分動かせる資金がある事。
2.最初のポジションはプラスである事。
3.A-Bの波に対して押し目を付けに来ている事(売り勢が入ってきている)

です。

いいですか皆さん、大口目線ですよ!!

彼らが何を考えるのか(・・?

それは、

すでにあるポジションを守るです。

水色のポジションを守るためにはどうすればいいでしょうか?

水色の価格に価格を近づかせない事ですよね?

という事は水色よりも少し上に指値を入れればいいのでしょうか?

答えは波によりますw

Cの時点で40ピップス下落したとします。

20ピップスの上昇しか動かせないので、後20ピップス足りません。

水色の箇所ですと60ピップス下落した事になります。
40ピップス分の資金が足りません。

そこで大事なのが、自分と同じ買い目線のやつらと仲良く一緒の箇所で買いポジションを持つ事です。

多くの買い目線と同じ箇所で入る←勝負ライン←波に対して一番お金が入る箇所

この箇所を抜けてしまうと、もう売りが強いと判断せざる負えないですw

つまり、20ピップスしか動かせないけれども、同じ資金量を持っている人が2~3人買い目線であればいいのです。

簡単でしょww

そういう人のメールアドレスを知っていれば、一緒のとこで買おぅ^^ってメール送ればいいのですが、そう行きませんよね?
(株の世界ではよくある事ですが・・)

そこで出来高分析ができないFX相場では何を見るかといいますと・・
ダウ理論いいとこ取り PART 5-3

N字の中の部分とN字の外の部分のバランスを見るのです。

このバランスが妥当な押し目、戻りとなるのです。

この続きは次回書きますね。

モゾモゾ君のためにヒントですw
ダウ理論いいとこ取り PART 5-4

①②③それぞれ、押し目を付けに行っています。

それぞれ妥当なポイントはどこか(・・?

以上です。
楽しい週末を~


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

WHAT'S NEW?