Photo Gallery

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

bible-428947_1280.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

前回の記事の続きですw


 にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

限定記事3←クリックしたページでパスワード入力をしてください。
以降、有料版となります。

スポンサーサイト


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

baby-623417_1280.jpg

こんばんは、DFX ポパイ&スピナッチです。

今日の動画は癒しと和みのミックスですw



前回の記事では買いまたは売りに優位性があると判断するものさしはお金の量であると説明しました。

買いたいお金の量が売りたいお金の量よりも多かったら相場は上昇します。

当たり前の事ですw

という事は、買いと売りのお金の量を分析すればいい訳ですよね?
でも相場ってうまく出来ていますw

そんな簡単にはお金をくれません!w

なぜなら、FX相場にはお金の量を示してくれるインジケーターなどがありません。

株式市場であれば、出来高からお金の量を分析できますが、ビッグ市場であるFX市場では正確な出来高が分かりません。
しかも時間足を小さくするほどFX市場出来高情報が少なくなります。

そこでどうするかというとチャートから大口のポジションや売り、買い勢の負けポジションが溜まっているポイントなどをチャートパターンや水平線、ゾーンなどで分析するのです。

つまりFX相場でのトレード方法は事実が起きた後の後出しジャンケン法ですw

どういうことかと言いますと、下の図を見てください。

相場の優位性 Part2

赤い下落に対して売りを継続させたいベアー(熊)組A,Bに対して、
売りを否定させた青い上昇、ブル(牛)組の上昇があります。

そこで何処に大口のポジションや負けた組のポジションがあるのかを出来高分析でお金の量を分析するのですが、FXでは高度な出来高分析が出来ないため、チャートからここであろうというポイントを探し出すのです。

上の図ではA-Fの記号があります。

赤い下落で売っていたベアー組その下落を継続させようとしたもう一つのベアー組AとBが青い上昇によって利益から損失へと変わったのです。

そうすると・・・・・・・・・・

この続きは次回書きますww


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

bodybuilder-646506_1920.jpg

こんばんは! DXFポパイ&スピナッチです。

優位性(長くなりますので、今日は雑談無し!w)


最近よく聞く言葉ですよねw

FX関連のいろんなブログ、本、雑誌などで優位性について書かれていますが、実際のところ優位性って何だ?? ってなりません?ww

優位性について書く側は自分の目線、理解度で優位性が変わってくると思います。

そうすると10人の人が自分の理解度、目線である事に対して書いたり意見を主張すると当たり前ですが、ブレますよね??

でも相場は常に二つに一つです。
上がるか下がるかですw

まず優位性の意味を説明しますね。

意味・別のものを比較して、優れている点や性質のこと。

そのまんまですね^^
それではFX相場に置き換えてみましょう。

相場は上がるか下がるかです。

買いが入るか売りが入るかです。

・上がるには買いが売りよりも強い事が条件です。
・下がるには売りが買いよりも強い事が条件です。

強いというのはFX相場では資金量の事です。

つまり お・か・ね ですww
買いたいではなく買いたいお金のが売りたいお金のよりも多い、有利である事が上昇を作ります。(下降はその逆)

冒頭で書いた事を思い出してください。

「そうすると10人の人が自分の理解度、目線である事に対して書いたり意見を主張すると当たり前ですが、ブレますよね??」

皆さんここで考えてみてください。

相場でAに対して優位性が出るためにはAがBよりも優れている事が条件です。

ここまでは大丈夫ですよねw

問題なのがAが優れていると判断するものさしが必要な事です。

そのものさしが量つまりお金です。人ではないです。お金です!

10人が売りたいと思っていても1人がその10人よりも0.01円でも多くのお金(量)を買いポジション注文を出せば相場は上がります。

書くの疲れたので今日はここまでにしまーすww


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

WHAT'S NEW?