Photo Gallery

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

tuna-576938_1280.jpg

こんにちは、DFXポパイ&スピナッチです。

前回の記事では相場は確率としてみたら楽ですよ~と書きました。

今回の記事からよーやく本題に入れますw

確率については限定記事に書いていますのでまだ読んでいない方は読んでくださいねw

マグロ理論は我々DFXの持論なのですが、大きくまとめますと世間一般で言われる王道である目線を固定(ダウ理論、長期足に対してトレンドフォロー)させたものではなく、「あるゾーンを抜けなかったら前のゾーンを試しに行く、抜けたら次のゾーンまで行く」と言う理論です。(マグロのように泳ぐw)水平線を抜けたら次の水平線までと言う昔良く聞いた内容と似てますが少し違います。理論や確率、お金の流れの理由付けがハッキリしているため、次元が違います。

文章だけでは難しいので、図で説明しますw(ピカソ並の絵心を見てくださいww)←スピナッチさん爆笑w
マグロ理論 Part7

今黄色○に居るとします。

Cのゾーンは買いゾーンです。

買いますか?

判断するためには背景を見ますよね?例えば長期足とかダウとか。

でもマグロ理論は長期足を見ません!!

背景が青い上昇の押し目候補としてCのゾーンが引けるか赤い下降に対してBのゾーンで売りが入ったので売って行きたいとか一切見ませんw

マグロ理論はA、B、C、D全てのゾーンでエントリーできるならエントリーします。

理由としては二つあります。

一つ目は、いくら背景が下(ダウ、長期足)だとしてもそれは個人目線であって相場目線ではない。
そしてC、Dのゾーンを抜けない限り下降が成功したと判断できないからです。
Dを抜かれた時点で下降が正解だったとしても売るのに遅すぎますww

2つ目は、全てのゾーンの確率は変わらないからです。
詳しくは限定記事に書いていますのでまた見てくださいw

マグロ理論は左からゾーンを引く箇所を探しますが、左から目線を固定させる事はしません。

ゾーンを抜けたら、次のゾーンまで行くという目線の固定はしますが、それは左側(ダウ、長期足)からの情報ではなくリアルタイムの情報です。

長くなったので、この続きは次回書きますw
スポンサーサイト


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

library-425730_1280.jpg

こんばんは、DFXポパイ&スピナッチです。


ブログを始めてまだ3ヶ月くらいですが、最近読者さんからたくさんのメールをいただきます。

うれしいですw 楽しいですw

最近質問が増えていますので、スピナッチさんとの週末役員会議(スカイプでブログについて話す「9割雑談」)が増えていますww


メール内容はさまざまですが、大きく分けて一番多い質問は次の通りです。

1.ゾーンの引き方

2.押し目、戻りの基準は?

3.目線


です。

やっぱり気になりますよね?

トレード記事を見るとゾーンは機能しているし、毎回利益になっているし、押し目、戻りも教科書通りほど完璧ですしねww

そりゃ気になりますわw

でも我々がこんなトレードが出来るのは別に難しい事をしているわけではないんですww


限定記事で書いたように全てのゾーンは統計確率ですし、押し目戻りなんて波に対して押し目戻りをしているだけです。

先日、ある読者さんからの質問一部を載せたいと思います。(お名前は伏せます)

--------------------------------
ポパイさん、スピナッチさん
はじめまして、こんにちは。
FX歴3年のAと申します。
以前よりお二人のブログを拝見していますが、まだまだお二人のトレードに関して、わからないところがありメールさせて頂きました。

まず、ゾーンの引き方、引いてある根拠がイマイチわかりません^^;
他のブログでもゾーン・帯を使用しているブログを見かけます。(ブログ名)
いずれのブログもゾーンの引き方はある程度公開されていますがお二人のゾーンの引き方はちょっとわかりませんでした。
他のブログとはちょっと違うような感じが受けます。
今後、ゾーンの引き根拠などは公開されるのでしょうか?
引き方もそうですが、ゾーンの引いてあるところと、引いてないところの差も分かりません。「ここにもゾーンがひけそうなのに」というポイントが多数見受けられます。
そのあたりをお教え頂ければと思います。

Aさんの質問回答は次の通りです。

メール頂きましてありがとうございます。
返信が遅くなり失礼しました。

今回のメール質問内容に関してブログ記事にしますね。

まずゾーンの引き方等のお話ですが、理論を学んでいただきたいというのが第一です。
学んだ上で、ゾーンの引く意味が理解できてくると思います。
またゾーンの引き方は今後別の形で表現して行きたいと思います。

相場は心理学だと思います。
心理を数値化したのが我々DFXのブログです。チャートから心理を読もうとするのではなくて、心理をチャートに当てはめる作業が大事になってきます。

これが出来ないといつまでたっても色々なブログに聖杯探しに行くという行為になってしまいます。

--------------------------------
ここまで。

とても大事な事です。

心理をチャートに当てはめる!生意気に語っているよう聞こえますが、これが出来ないで一生勝てないトレーダーになってしまう方がほとんどです。

下の図を見てください。
質問回答1

我々の社会構造です。

ピラミット型です。

徐々にレベルアップしていく仕組みです。

段階を踏んで行く事に給料も増えて行く仕組みですねw

もちろん、上位に立つ事はとても難しいのですが、上位ではなくてもお金は増えていきます。

レベル3でも4でも良いという人もいるでしょう。


次はFXの構造です。
質問回答2

レベルは2つしかありません。

1か5です。

勝ち組か負け組かです。

厳しい世界です。

Aさんはちょうど1の段階に入る手前です。

でもまだレベル5です。

もしAさんがレベル1にいるなら多分ブログなんかもう読んでいないでしょうw

まだ勝ちきれていないか、トレードする上で安定感(精神的な)がないのではないかと思います。

多くのトレーダーがAさんと同じ所にいます。

ある程度相場の原理を理解してきて、今度はゾーンの引き方、ドンピシャなエントリーポイントなどを探し始めます。

聖杯探しですねw

レベル5を抜け出すためには世間で当たり前だと言われている事を捨てて新しい考え方を身に付ける必要があります。

何処にゾーンを引くのか?
何処の押し目戻りを拾うのか?


ではなく、

ブルとベアーのどっちが今強いのか?

を考える事です。

チャートから探すのではなくて、チャートに当てはめるのです。

我々DFXは波を見てお金の流れを判断しています。

波=お金の流れ、簡単な考えです。

上がるか下がるか二つに一つです。

ゾーンの引き方、エントリーポイントなども大事ですが、まずお金の流れの意味を理解してから始めて自分のスタイルに合うゾーンやエントリーポイントが見つかります。

自分が相場を動かす側であると想像してみてください。

自分に一番有利なポイントとはどこか?

ある高値をブレイクさせたいなら何処のポイントを利用したらある高値をブレイクさせるだけの資金量が得られるのか?


考えた上でチャートにその考え(理論)を当てはめるだけです。

そして自分の考えが相場参加者(お金の量)と同じ方向に行けば利益になり、違ったら損切りになるだけです。

これからも記事を書いていきますが、ただ読むだけではなくて読んだ事を妄想してください(いやらしい事ではないですよw)

チャートから読もうとするのではなくて、チャートに当てはめるのです。

「相場は心理学です。
 心理を数値化したのがチャートです。」 ←カッケー(*´∀`)
        byポパイ&スピナッチ  


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

taxes-740202_1280.jpg

こんばんは、DFXポパイ&スピナッチです。

前回の記事では未来が読める(確率として51%以上)メリットとデメリットについて考えましょうと書きました。

私たちトレーダーは確率でトレードしています。
(いや私は優位性を求めてトレードしている!!)と思う方もいるでしょう。

しかし相場には100%はありません。

どんなに高確率である方向に値が動くと分かっていてもそれは結局、検証から確率を導き出した結果ですので、100%でない限り確率でトレードするしかないのです。

問題なのが、多くの方(昔の私も含め)FXで未来を読もうとします。
確率としてではなく100%を求めてしまいます。

頭の中では100%は無いと思っていても無意識に100%当てようとします。
(人間の心理ですw)

その証拠に前回の記事に書いたように「未来が読めない=勝てない」が直結している人がほとんどです。(特に日本人トレーダーに多い)

もし確率として相場を見ているのなら、そのような考え方になりません。
なぜなら確率として考える人は次のような考え方をするのです。

確率を計算=リスクリワードを計算して=エントリーするかしないか決める。

このように考えるのです。

つまり「勝率3割=勝てない」ではなく「勝率3割=リスクリワードがよければエントリー」となるのです。

例えば1万円を賭ければ勝った時に3万円もらえます。

負けた時は1万円負けます。

勝つ確率は30%です。
負ける確率は70%です。

100回同じ勝率とルールで賭けをすればトータルで利益が残ります。

なのにFXではほとんどの方は勝率3割リスクリワード1:3というトレードよりも勝率8割、9割、10割のトレードをしようとします。

ほとんどの時間を高勝率の手法探しに使います。

「未来が読めない=勝てない」から逃れないのですw
もちろん高勝率トレードをするな!と言っている訳ではありません。

相場を確率として見てその場に適したトレードをしましょうと言っているのです。

今のゾーンでは買いが入る確率は5割だな!
それじゃ、リスクワードを計算してみよう!
うん!リスクリワードは1:1.8。よしエントリーしよう!

てな感じです。

電卓を弾く事がトレーダーの仕事だと思っています。(←名言ww)

たまに確率7割が来たらその時は枚数を上げてトレードすればいいだけの事です。

もう一度自分のトレード思考を見直してみてくださいw

もしかしたら「未来が読めない=勝てない」となっているのではないでしょうか?w

相場は確率としてみたら楽ですよ~
(ここからようやくマグロ理論の話に入れる(-。-; ))


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

8479160301_4ac252c1ff_b.jpg

こんばんは、DFXポパイ&スピナッチです!!

マイクロソフトのSurface の発表がありましたねww

日本での販売は今年中みたいです。(10月26日という噂も...)

ここで一言、言わせてください! 
 
ほしいです!買います!間違いなく買いますw

因みに、Surface Book を検討しています^^

さて、マグロ理論の続きです。

前回の記事では時間軸、波のサイズ関係なく最終的に相場はランダムになると書きました。

FXでランダムと聞くとどうしてもネガティブなイメージを持ってしまうものです。

例えば、「相場がレンジの時はトレードを控えましょう」よく聞きますよね?
なぜかと言うと、レンジとは相場がランダムな状態であるので、方向性が分からないからです。

つまり、多くの人の脳みその中では(昔の私も含めてw)次のようになっています。

ランダム(レンジ)→方向性が無い→未来が読めない→勝てない→ネガティブ

となるのですw

でもね皆さん、ここで大きな勘違いをしてるんですよ。

順番に見ていきましょう。

ランダム→方向性が無い・・・んッ!まぁいいでしょう。

方向性が無い→未来が読めない・・・・・ここも大丈夫ですw

未来が読めない→勝てない・・・・・・!! これです!ここが大問題ですw

この結び付きが大きな間違いなのです。

多くの人は、未来が読めない=勝てないが直結しているのです。

話を進める前に皆さんに考えてほしいのが、未来が読める読めないメリット、デメリットです。
もちろんFX相場の話でですw
それと未来が読めるというのは「確率」としての話です。
相場には100%はありませんので、未来が読める(51%以上の確率で上がるのか下がるのかが分かる事)です。

この続きはまた次回書きますw


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

  

1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

sushi-685912_1280.jpg

こんばんは。 DFXポパイ&スピナッチです。

9月21日現在、Skypeで日本だけでなく世界的に大規模な接続障害が発生しているみたいです。
安心してください。あなたのパソコンだけではありません^^


ここまで相場の原理に付いてお話しているのですが、
ちょっとブレークタイム!
ふと気になったことありません?w

「マグロ理論」って何??って。

そこを語るのをすっ飛ばしてましたね^^
何だと思いますか?w

感の鋭い方はお気づきかもしれませんが、魚のマグロです!

(゚Д゚)ハァ?

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ふざけてませんよ真剣ですww

魚のマグロって、皆さんも聞いたことあると思いますが、ず~~っと泳ぎ続けるって言われてますよね。
寝ながらも泳ぎ続けていると。。。(魚の研究家ではないので本当かどうか知りませんがw)

FXも同じで、大きく見ると結局ある所からある所まで行ったり来たりしているレンジなんです。
そのある所からある所の間をずっと魚のマグロのように泳ぎ続けているだけなんです。


ある所というのはまた別の機会でお話しようと思います。
そしてなぜそのある所を相場が目指すのかもお話しようと思います。

そういう事が分かると、不思議と人間って安心するんですよね。
しっかりと理論がある事に対して接しているんだなって。

目の前が真っ暗で何も見えない状況では誰だって何やってるか分からないし不安ですもんね。
理論があるから定義が生まれるのです。


ありがとうございましたw 元気ポチ宜しくお願いします^^


このブログはブログランキングに参加しています。
1日1回応援ポチをよろしくお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

WHAT'S NEW?